ブックタイトル2016大学通信教育ガイド大学院編

ページ
61/74

このページは 2016大学通信教育ガイド大学院編 の電子ブックに掲載されている61ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2016大学通信教育ガイド大学院編

60研究科・専攻の紹介心理学研究科■心理学専攻 博士(後期)課程 本研究科は、心理学研究、すなわち特定の状況・条件下におけるヒト(個人)の意識・行動に関する事実の探索・発見・蓄積、それらに基づく法則の確立・検証、そして理論の構築といった心理学の研究過程を極めた結果として、博士の学位を授与することを目的として開設されています。 履修・研究指導の体制・履修指導については、春学期(8月)と秋学期(2月)に行われるスクーリングをはじめ、1科目につき年間5回にわたるレポート課題(基礎領域、応用領域から各1科目、計2科目を必修とする)の作成、各年次における中間発表、それを基にした研究指導(博論作成)などが中心となります。そのため、時間的に非常にタフなスケジュールとなる上、高水準の博士論文という客観的評価を得るためには、まずは入学前から研究目的、研究対象と方法など、綿密な検討を行う必要があります。入学前のオリエンテーション時には、3年間における研究内容及び計画について、当初案を提示していただいたものを検討し、実際の研究活動に向かうことになります。社会福祉学研究科■社会福祉学専攻 修士課程 本研究科は、地域における高齢者、障害者、児童等に対する福祉的対応は、ますます複雑多様化しつつあり、社会福祉専門職の養成もますますその重要性を増しています。本研究科では、この状況に対処すべく、通信制の利点を生かして、地域的・時間的制約を排除し、福祉従事者のリカレント教育、高度専門職業人の育成、さらには博士後期課程への進学をも視野に入れて教育を行っています。通学課程で指導に当たる教授陣が、スクーリングに加えて現地対面指導を行うなどして、通学制と同じ水準の教育研究指導にあたっています。連合国際協力研究科■国際協力専攻 修士課程 本研究科は、国際社会の問題克服に向けて、論拠と戦略をもって取り組める国際協力の専門家の養成をめざします。グローバル化の深化とともに、不平等や安全の問題はますます複雑で越境的になっています。貧困、紛争、暴力、環境・生態系保全、人口問題、公衆衛生、難民、教育、マイノリティ(エスニシティ、ジェンダー、セクシュアリティ、障がいなど)といったさまざまな問題への対応には、国際協力の多様な選択肢についての知見に裏付けられた行動/アクションが緊要です。研究科の特色として、国際協力活動について、実際に体験する国内及び海外でのインターンシッププログラムを取り入れた科目を開講しています。知的財産学研究科■知的財産学専攻 修士課程 本研究科は、弁理士試験の一部免除が可能となる通信制大学院では全国で唯一の研究科です。知的財産は今や企業の経営戦略の重要な柱の一つであり、政府も「知的財産立国」の実現に向けて具体的な取り組みを始めています。そして、政府の知的財産推進計画の中では、知的財産に関する「人材の育成」が重要と位置付けられており、知的財産の専門家を一人でも多く養成することが日本国の急務といえます。そこで、本研究科では特許権・著作権などを生かすエキスパートを養成します。保健科学研究科■理学療法学専攻 修士課程 本専攻は、保健科学領域において理学療法学の学術的発展を担う教育研究者、科学的知見を理学療法実践に活用・還元できる指導的役割を担う、高度専門職としての理学療法士の養成を目的としています。また、「リサーチマインド・アンド・メソッド」を基本的理念として掲げ、臨床現場で抱える諸問題を解決するための、研究方法論に主眼を置いた教育課程を編成しています。保健科学研究科■作業療法学専攻 修士課程 本専攻は、保健科学領域において作業療法学の学術的発展を担う教育研究者、様々な理論的背景を作業療法実践に還元する指導的な役割を担う、高度専門職としての作業療法士の養成を目的としています。また、「理論に基づいた作業療法実践」を基本理念として掲げ、臨床現場で抱える諸問題を解決するための、様々な理論的背景の理解・発展・臨床応用を目指した教育課程を編成しています。スクーリング開講時期■〈心理学研究科〉夏期:1年次8月=2日  冬期:1年次2月=2日   2年次8月=2日     2年次2月=2日   3年次8月=2日     3年次2月=2日〈社会福祉学研究科〉春期:1年次5月=2日  夏期:1年次9月=2日   2年次5月=2日     2年次9月=2日冬期:1年次1月=2日   2年次1月=2日〈連合国際協力研究科〉夏期:1年次9月=3日  冬期:1年次1月=3日   2年次9月=2日     2年次1月=3日    選択科目は別に7日間〈知的財産学研究科〉1年次=2日間及び3日間程度を12回程度2年次=1日間及び2日間程度を6回程度〈保健科学研究科理学療法学専攻〉〈保健科学研究科作業療法学専攻〉夏期:1年次9月=3日  秋期:1年次11月=3日   2年次9月=3日     2年次11月=3日冬期:1年次1月=3日   2年次1月=3日学生の種類、取得できる教員免許・資格等学生の種類■正科生、科目等履修生取得できる教員免許(社会福祉学研究科)■高等学校教諭専修免許状(福祉)吉備国際大学大学院吉備国際大学は、高度専門職業人または研究者に必要な専門分野における学識、生涯学習の場として広く社会の人々に自己探求の機会を提供することを目的に開設。本学通信制大学院は、心理学・社会福祉学・国際協力・知的財産学・保健科学(理学療法・作業療法)の5 研究科を擁しております。吉備国際大学 入試広報室〒700-0022 岡山県岡山市北区岩田町2-5 TEL:086-231-3600 FAX:086-231-3601 URL:http://kiui.jp/pc/tsushin/grad/  e-mail:koho@kiui.ac.jp交通機関 JR 備中高梁駅より徒歩約20分