ブックタイトル2019大学通信教育ガイド_大学・短大編

ページ
76/88

このページは 2019大学通信教育ガイド_大学・短大編 の電子ブックに掲載されている76ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2019大学通信教育ガイド_大学・短大編

74聖徳大学短期大学部学部・学科の紹介保育科■〈男女共学〉 「保育の聖徳?」として社会的に評価を受け、長い伝統と実績を誇る通信教育課程で、保育士資格と幼稚園教諭2種免許状の取得をめざします。2006年から「認定こども園」の制度がスタートし、例えば幼稚園が0?2歳児を受け入れるために、この認定を受けるなど、保育所と幼稚園の機能を併せ持つ施設が毎年増えています。この職員となる「保育教諭」については、幼稚園教諭免許状と保育士資格の両方を有していることが原則。よって、同時取得が就職においてますます有利になると考えられています。短大保育科では、幼稚園教諭二種と保育士、2つの免許・資格の取得を目指すことが可能。その他、保育科の中には図書館司書課程も設けており、大学、短大既卒者等は、科目等履修により1年で図書館司書資格の取得が可能となっています。図書館司書課程■(科目等履修生) 専門科目の26単位を修得することで、図書館司書資格を取得することができます。最短1年で修了することが可能です。本学のこの課程は、「教育訓練給付制度厚生労働大臣指定講座」となっています。スクーリング スクーリングでは、実技・実習科目を中心に直接担当教員の指導を受けるので、日頃のレポートのみでの勉学とは異なり、生の授業が体験できます。夏期スクーリング■7月下旬?8月下旬冬期スクーリング■12月下旬春期スクーリング■2月中旬?3月上旬 司書科目はゴールデンウィークにもスクーリングを実施。(1科目あたり年3回開講)※上記の期間のなかで、必要な科目を受講します。1科目3日間(2単位の場合)。スクーリングは本学にて実施します。幼稚園2種免許及び保育士資格希望者には、ピアノレッスン・試験を本学にて年16回行っています。(年4回地方ピアノレッスン・試験も実施)学生の種類、取得できる教員免許・資格等学生の種類■正科生、科目等履修生※ 幼稚園教諭・保育士資格特例制度(8単位)学習の受講もできます。入学時期及び受付期間■春学期(4月)生=12月20日?4月26日秋学期(10月)生=7月1日?10月31日科目終了試験■ 基本的な学習はテキストを読み、レポートを作成し、それが合格した科目から科目終了試験を受験します。この試験に合格するとその科目の単位修得となります。試験は年間10回実施されます(いずれも日曜日、回数は会場により異なります)。試験会場は本学含め全国32都市で実施。1回の試験で3科目まで受験可能です。(会場: 札幌、青森、秋田、盛岡、仙台、山形、郡山、新潟、長岡、高崎、長野、宇都宮、水戸、つくば、大宮、千葉、船橋、東京駅、新宿、世田谷、横浜、甲府、静岡、名古屋、日進、京都、大阪、広島、福岡、熊本、那覇) レポートは1単位について1課題必要となり、1課題の文字数は原則2400字です。学習ガイダンス■全国各地で学習ガイダンスを実施。学習進行に関する不安や疑問を解消できます。取得できる免許・資格■ 教員免許:幼稚園教諭2種 資  格:保育士、図書館司書、社会福祉主事学生の特典■本学の図書館、ピアノレッスン室、セミナーハウス(かすがの森)等の各施設は通学生と同様に利用できます。また、本学川並香順記念講堂で開催される演奏会(シリーズコンサート)を鑑賞できます。奨学制度あり■ 働きながら学ぶ人を応援する入学金減免制度あり。聖徳大学短期大学部通信教育部〒271-8555 千葉県松戸市岩瀬550 TEL 047-365-1200(直通) URL http://www.seitoku.jp/tk/ E-mail tsuushin@seitoku.ac.jp交通機関  JR常磐線・地下鉄千代田線・新京成線「松戸」駅     下車徒歩5分 東京聖徳学園の歴史は、昭和8年に東京都大森に設立した「聖徳家政学院」に始まります。通信教育課程においては、昭和47年に短期大学、1999年に大学院修士課程、2001年には人文学部を開設。さらに2003年に大学院博士後期課程を開設しました。これにより聖徳大学は、大学院、大学、短期大学の全ての機関に通信教育を有する日本初の大学となりました。2012年度には「心理・福祉学部」、2013年度には「文学部」を新設。キャリアや目的にあわせて、より専門的な知識やスキルを身につけることができるようになりました。 本学は、聖徳太子の「和」を建学の精神とし、創立以来、幼児教育、女子教育の重要性を唱えてきました。そして高い知性と豊かな情操を兼ね備えた人材の育成を指標し続け、教育界、社会に幾多の人材を輩出しています。 在宅を中心とする通信教育部は、社会人リカレント教育への気運の高まりや、免許資格志向の時代の要請に応えるべく開設されたもので、意欲あふれるみなさんの来学を期待いたします。