ブックタイトル2017大学通信教育ガイド_大学・短大編

ページ
70/88

このページは 2017大学通信教育ガイド_大学・短大編 の電子ブックに掲載されている70ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2017大学通信教育ガイド_大学・短大編

68早稲田大学 早稲田大学の前身である東京専門学校は1882(明治15)年に大隈重信により創立されました。1902(明治35)年に早稲田大学と改称し、現在13学部を設置しています。 本学は創立間もない1886(明治19)年から1958(昭和33)年まで校外生を対象とする「早稲田講義録」を発行し、生涯学習に積極的に取り組んできました。人間科学部eスクールもまた、生涯学習の伝統を受け継ぎ、2003(平成15)年に開設されました。eスクールは、スクーリングを除き、ほとんどの課程をeラーニングで行う日本初の通信教育課程です。インターネットを利用して、講義の動画を見ながら学習を進めていきます。BBS(電子掲示板)での質問・議論、小テスト・レポートの提出もインターネット上の学習システムを利用して行います。学部・学科の紹介人間科学部■ 「人間科学」が目指すところは、人間に関わるあらゆる問題をひもといて、私たち人間が、環境を含めて互いに豊かで快適であることです。本学部では、その使命を果たすために、「環境」「健康・福祉」「情報」という3つの学科を設置しています。本学部の特色は、3つの学科間の垣根が低いことです。従来の学問体系や学びのスタイルにとらわれず、より柔軟で学際的なアプローチで今日的課題に挑戦することが可能です。人間環境科学科 人間環境科学科では、自然環境だけでなく、身体環境をはじめとして、人口環境や文化環境、社会環境などさまざまな次元の環境を学びの対象としています。複雑かつ多面的である環境と人の関わりを、重層的、学際的に理解していきます。健康福祉科学科 健康福祉科学科は、これまでにない広大なビジョンから「健康と福祉」を学んでいく学科です。それぞれの今日的テーマを深く学ぶとともに、これらを統合して「新たなる健康福祉」のあり方を創成していくことを目指しています。人間情報科学科 人間情報科学科では、人間を「情報」という切り口で科学的に理解していくことを目指しています。具体的には、情報科学、認知科学、教育工学、コミュニケーション学、人間工学の5つの領域を設置して、新しいアプローチによる学びと研究を展開しています。スクーリング スクーリングは原則不要のカリキュラムですが、体育実技や実験・実習を伴う一部の科目で実施されています。早稲田キャンパス、所沢キャンパスが会場となります。学生の種類、取得できる教員免許・資格等入学コースの種類■ 正科生(1年次入学・2年次編入学)学習指導・支援■●講義の受講 人間科学部eスクールの最大の特色は、インターネット上の学習システムを使用し、授業を動画配信し、レポート試験や小テストもそのシステム上で実施していることです。授業は基本的に1 週間単位で進行し、インターネットの環境とパソコンがあれば、学生はいつでも、どこでも、何度でも、通学制同様の質の高い授業を受けることができます。●少人数クラス制 各科目は、30名程度を定員としたクラス制を採用しています。各クラスには教員のほかに、修士課程修了以上の学位を持つ教育コーチが配置され、学生一人ひとりのニーズに対応した、きめ細かな教育を可能にしています。教員と教育コーチは、質問対応や議論の活性化をはかるほか、学習上の悩みや学生生活全般の相談にも親身に対応します。●ホームルーム 授業とは別にホームルームをインターネット上に開設しています。ホームルームに設けられたBBS(インターネット上の掲示板)で、学生同士の交流を深めることができます。また、ホームルームは履修や受講の進め方、学生生活全般に関する相談窓口にもなっています。●レベル制 人間科学部eスクールでは学年ではなく「レベル」という概念を用いており、必修科目以外の科目はレベルや学科にかかわらず履修が可能です。仕事の忙しさなどを考慮して、個人のペースで履修科目を選択することができます。取得できる学位■学士(人間科学)学生数■約700名(2016年5月現在)早稲田大学人間科学部e スクール〒359-1192 埼玉県所沢市三ヶ島2-579-15 TEL 04-2947-6709 e-mail e-school@list.waseda.jp http://www.waseda.jp/e-school交通機関  西武池袋線 小手指駅下車 西武バス20分