ブックタイトル2017大学通信教育ガイド_大学・短大編

ページ
52/88

このページは 2017大学通信教育ガイド_大学・短大編 の電子ブックに掲載されている52ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2017大学通信教育ガイド_大学・短大編

50京都造形芸術大学18-96歳※、北海道から沖縄まで、全国に6000人以上。芸術と通信する社会人がいる。1998年、芸術系大学として全国で初めて4年制通信教育部を設置。年齢、職業、地域をこえて、あらゆるバックグラウンドを持つひとたちが、さまざまな想いを胸に集まっています。だれもが向き合える芸術を、あなたもここから始めてみませんか?※ 2016年3月、陶芸コースの平田繁實さんは96歳、世界最高齢で大学を卒業されました。学部・学科の紹介芸術学部■〈芸術教養学科〉:いつでも、どこでもパソコンやタブレット、スマートフォンを使って、インターネット上のみで学べるカリキュラム(通学不要)。モノの見方や感じ方を変え、暮らしの中にアートを取り入れる方法を学びます。〈芸術学科〉芸術学コース: 芸術作品の見方を深められる知識と感性を養い、「美とは何か」を幅広く考えていきます。歴史遺産コース:歴史遺産を京都で実感し、学ぶ。文化遺産や歴史文化を多様なアプローチで取り上げていきます。文芸コース:小説・エッセイ・批評など、さまざまな文章表現を読み、楽しむ。そして自ら言葉で表現することに挑戦します。和の伝統文化コース:茶道や華道、音楽、舞、武術、書画、工芸など豊かで幅広い日本の伝統文化を、カタチや技だけではなく、その内面にある存在価値を見つめます。〈美術科〉日本画コース:水干絵具、岩絵具など、基本的な表現技法を学び、京都で活躍する作家陣から直接指導を受けられます。洋画コース: 基礎を十分に身につけたうえで、絵画表現の多様性を学び、自分自身の造形スタイルを追求します。陶芸コース:ろくろ、型、ひねり、タタラといったさまざまな技法を学び、清新な陶表現の展開を目指します。染織コース:伝統の地、京都で学ぶ。染織技法を基礎から習得し、作品を生むための発想力・表現力を育成します。写真コース:単に「技術的に上手な写真」ではなく、「作品としての写真」をめざします。本格的な撮影技術を身につけたうえで、各自の表現テーマを掘り下げます。〈デザイン科〉情報デザインコース:グラフィック、WEB、イラスト、アニメーションなどがフィールド。初心者からプロまで在籍し、基礎から発想、表現まで幅広く学びます。建築デザインコース:スケッチから3次元CADまで、実践に役立つ表現スキルをしっかり習得。大学通信教育としては日本で初めて、一級建築士の受験資格を取得可能に。建築士として活躍している卒業生も多数います。ランドスケープデザインコース:庭園都市「京都」の美意識を大切にしながら、日本庭園から都市環境まで、プロとして、あるいはライフワークとして環境創造に貢献できる人材を育てます。空間演出デザインコース: インテリアや生活雑貨など、生活空間のデザインやプロデュースを学習。商業施設士やインテリアプランナーなどの資格取得も目指せます。スクーリング※芸術教養学科はインターネット上のみで学習が完結するため、スクーリングはありません。集中スクーリング■夏期(8月)、冬期(2月中旬)に開講します。週末スクーリング■土・日・祝日を利用した週末スクーリングを開講します。デザイン科および写真コースは2日間完結スクーリングを導入。学外スクーリング■東京をはじめ、各地でスクーリングの一部を開講します。陶芸・染織コース以外は東京でのスクーリング受講のみで卒業可能。学生の種類、取得できる教員免許・資格等学生の種類■正科生:入学形態は1年次入学と3年次編入学があります。科目等履修生:博物館学芸員の資格取得を目的とした課程を開講しています。特修生:大学入学資格のない方で、本学通信教育部1年次への入学資格取得を目的とした課程があります。取得できる免許・資格■(コースにより異なる)中学校・高等学校教諭一種免許状(美術)・博物館学芸員・建築士受験資格(一級・二級)。一級は卒業後2年間の実務経験が必要。造園施工管理技術検定受験資格(一級・二級)。卒業後一級は3年、二級は1年の実務経験が必要。商業施設士受験資格。卒業後1年間の実務経験が必要。通学課程への転籍■所定の条件を満たし転籍試験に合格すれば、通学課程の3年次に転籍できます。※芸術教養学科10月入学生を除く。単位修得試験■ 6月・9月・12月・3月の土日に京都・東京・札幌・福岡などで行います。学生数■ 芸術学部?6,653名(2016年5月現在)京都造形芸術大学通信教育部〒606-8271 京都府京都市左京区北白川瓜生山2-116 TEL 0120-20-9141(フリーダイヤル) http://www.kyoto-art.ac.jp/t/交通機関  JR「京都」、阪急「河原町」、京阪「三条」より     市バス5番「上終町京都造形芸大前」下車すぐ     叡山電車「茶山」より徒歩10分