ブックタイトル2017大学通信教育ガイド_大学・短大編

ページ
48/88

このページは 2017大学通信教育ガイド_大学・短大編 の電子ブックに掲載されている48ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2017大学通信教育ガイド_大学・短大編

46大阪学院大学 本学の建学の精神は「教育と学術の研究を通じ、広く一般社会に貢献し、且つ人類の福祉と平和に寄与する視野の広い実践的な人材の育成」を目的としています。変化・激動する時代の中で、この精神はいよいよ先見性を発揮しています。 本学の歴史は、昭和15年に創設された経理専門学校として大阪で最も古い歴史を有する関西経理専門学校の前身、関西簿記研究所に始まります。 そして、今日、大阪学院大学大学院5研究科(商学研究科・経済学研究科・国際学研究科・法学研究科・コンピュータサイエンス研究科)、大阪学院大学7学部(商学部・経営学部・経済学部・法学部・外国語学部・国際学部・情報学部)、大阪学院大学通信教育部(商学部商学科)、大阪学院大学短期大学部(経営実務科)、大阪学院大学高等学校、AST college を擁する一大総合学園となり、常に新たな時代を展望しつつ、大きな歩みを続けています。学部・学科の紹介商学部■商学科 商学部は、①世界的な視野と実践力を備えた国際的教養人の育成、②産業社会に貢献し得る学識と識見を備えた穏健明朗な人材の育成および③学産協同の理念の徹底の3 つの教育理念を達成するために、可視的な実体空間としての流通・マーケティングと情報空間としての会計・IT を2 つの大きな柱とすることによって、教育研究を行うものです。学ぶ内容(主要部分)■ 商学部では、今日のような高度情報化、グローバル化および高齢化が進展している時代環境の中で、マーケティング戦略、グローバル・ビジネスおよび財務情報の3 つの学問領域のもとで、次のような内容を学びます。①商業の歴史的発展過程②現代の戦略的国際マーケティング③流通規制の緩和と撤廃④国際貿易の理論と政策⑤医療福祉経営と情報システム⑥情報処理の理論と実際⑦経営分析の手法⑧簿記の理論と実践⑨会計学と情報開示⑩財務諸表作成の理論と手順。スクーリング夏期スクーリング■ 7月下旬から8月上旬までの間を第Ⅰ期(連続6日間)と第Ⅱ期(連続6日間)に分け開講しています。それぞれ2科目4単位を履修することができます。秋期スクーリング■ 10月下旬から11月中旬までの土曜日・日曜日(計6日間)に開講しています。履修できる科目と単位数は、2科目4単位です。冬期スクーリング■ 12月上旬から12月下旬の土曜日・日曜日(計6日間)に開講しています。履修できる科目と単位数は、2科目4単位です。それぞれのスクーリングで開講する科目は異なりますので、計画を立てて受講してください。 希望者には職場の上司宛のスクーリング出席に関する依頼状を発行し、理解と配慮を求めています。学生の種類、取得できる教員免許・資格等学生の種類■正科生、科目等履修生 正科生には1年次入学と2・3年次編入学があります。 科目等履修には商業免許状取得を目的とする教職課程、希望の科目を選んで履修する選択履修課程、本学正科生の入学資格取得を目的とする正科生転科課程があります。試験会場■ 通信科目の単位修得試験は、本学を含めた19会場で、年間4回実施しています。 本学以外の試験会場は、次のとおりです。札幌・福島・東京・富山・浜松・名古屋・和歌山・姫路・鳥取・岡山・広島・高松・松山・高知・福岡・長崎・熊本・鹿児島学生相談■ 前期・後期の新入生のために「学習指導会」を実施しています。学習方法の概要および主な手続等について説明し、特に入学直後の疑問の解消に努めています。 また、学生相談は通信教育部事務室において常時行っています。通学課程への転籍■ 転籍試験に合格すると、通学課程に転籍できます。放送大学との単位互換■ 卒業に必要な単位の一部について、放送大学の授業を特別聴講することにより修得できます。取得できる教員免許■ 商業科(高校1種)大阪学院大学通信教育部〒564-8511 大阪府吹田市岸部南2-36-1 TEL 06-6381-8434(代) http://www.osaka-gu.ac.jp交通機関 JR東海道本線岸辺駅下車徒歩5分     阪急京都線正雀駅下車徒歩5分