ブックタイトル2017大学通信教育ガイド_大学・短大編

ページ
46/88

このページは 2017大学通信教育ガイド_大学・短大編 の電子ブックに掲載されている46ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2017大学通信教育ガイド_大学・短大編

44東洋大学 「諸学の基礎は哲学にあり」の教育理念のもと、哲学者井上円了は1887 年に哲学館を創設。翌年には『哲学館講義録』を各地に配布し、開かれた学舎として学問の普及に尽くしました。この活動が現在の本学通信教育課程の先駆けです。 1964 年に文学部日本文学文化学科(当時は国文学科)、1966 年に法学部法律学科が設置され、それぞれ専門的な知識を体系的に学ぶほか、教員免許状や図書館司書資格取得、キャリアアップなど多様な目的に応える教育を実践しています。学部・学科の紹介文学部■日本文学文化学科 本学科は、長い歴史の上に立つ通学課程の国文学科を基礎として設立され、通学課程でも教壇に立つ教授陣が通信教育課程の教育に携わっています。本学科の特色は、国文学の基礎である上代から近・現代に至る各時代の日本文学・日本語学はもとより、それらに関連する美術史・民俗学・比較文学・書道の諸領域でも、通学課程と変わらない充実した授業を展開している点にあります。日本文学・文化の学習を通じて、日本や日本人をより深く理解することを目標にしています。国際化が叫ばれる時代だからこそ、自国日本の文化をグローバルな視点から深く、客観的に学ぶことが重要です。また、図書館司書・学校図書館司書教諭に関わる図書館学を学べるのも魅力です。法学部■法律学科 本学科は、現代市民社会の基本法である公法・私法を中心に編成されています。特に私法の充実に力を入れており、法の理論と実践の究明に重きが置かれています。本学科の法学教育は、法律の専門知識の修得を図るとともに、法的なものの見方・考え方を養うことを目的としています。教科書上で学習した法律の知識・理解内容が、スクーリング受講によって確認できます。それぞれの相関関係により一般的・基礎的な法律が、理論のための理論に終わらず、実践的な思考として培われるよう努めています。スクーリング 本学のスクーリングは全て1期3日間の集中講義で実施します。土曜スクーリング■3週連続の土曜日に開講日曜スクーリング■3週連続の日曜日に開講夏期スクーリング■8月に開講週末スクーリング■土曜と日曜に開講冬期スクーリング■1月に開講学外スクーリング■講義内容に関係した地域で開講スクーリングの予定は変更になる場合があります。詳細な日程は2017年3月に大学ホームページで公開予定です。学生の種類、取得できる教員免許・資格等学生の種類■正科生、科目等履修生 正科生には1年次入学と編入学があります。大学・短大等を卒業している方は3年次に、文部科学省の認可を受けた専門学校を修了している方は2年次にそれぞれ編入学して学習できます。教員免許状や図書館司書資格の取得を目指すことができます。 科目等履修生は、教員免許状の取得のために不足している科目や図書館司書資格を取得するための科目、日本文学文化科目等履修プログラム「日本文学文化を学ぶ」に沿った科目など、特定の科目だけを選んで学習することができます。単位認定試験の種類■科目によって、会場で受験する筆記試験と自宅で受験する論文試験の2 種類があります。筆記試験は、年8 回東京都文京区にある本学白山キャンパスのほか、年2 回地方会場でも実施しています(回数は予定/会場未定)。学習相談■ TA(ティーチングアシスタント)が学習のバックアップをしています。面談・電話・文書での相談が可能です。取得できる教員免許■(学部により異なります。) 中学校1種=国語・社会 高等学校1種=国語・書道・地理歴史・公民取得できる資格■図書館司書、学校図書館司書教諭通学課程への転部・転科■通信教育課程に在籍し、所定の単位を修得して、転部・転科試験に合格すると、通学課程の2年次または3年次に移ることができます(1・2年次のみ、かつ後期生は除く。年度により転部・転科できる学部学科が異なります)。東洋大学通信教育課程〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20 TEL 03-3945-4567 FAX 03-3945-7584 E-mail mltsukyo@toyo.jp http://www.toyo.ac.jp/site/tsushin/ 詳細はホームページをご覧ください。交通機関  都営地下鉄三田線白山駅下車徒歩約5分     東京メトロ南北線本駒込駅下車徒歩約5分     JR巣鴨駅からバス約5分東洋大学前下車