ブックタイトル2017大学通信教育ガイド_大学・短大編

ページ
41/88

このページは 2017大学通信教育ガイド_大学・短大編 の電子ブックに掲載されている41ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2017大学通信教育ガイド_大学・短大編

39日本女子大学 日本女子大学は、1901(明治34)年に創立されました。1908(明治41)年「女子大学通信教育会」ができ、1909(明治42)年「女子大学講義」を発刊したのが本学通信教育のはじまりです。1949(昭和24)年5月に家政学部通信教育は開講式を行いました。今、盛んに唱えられている生涯学習” あるいは教育機会均等の実質的保障は本学が早くから掲げていた精神です。 家政学は時代と社会のニーズに応える生きた学問として発展しています。 理論と実践を学ぶ学習内容そのものが私たちの生活に役立ちます。 通信教育で専門的に修得した知識は職務にも応用できます。学部・学科の紹介 通信教育課程をもつ大学のうち、家政学系の課程をもつ4 年制大学は本学のみです。 本学で開設されているのは家政学部の中にある次の3学科です。家政学部■児童学科 児童の心身の発達や、健全な人間形成の条件とは何かについて必要な知識と技能を修得し、多方面から総合的に研究することを目指しています。 授業科目は、心理・教育・健康・文化・社会の5領域に区分されています。食物学科 家庭・学校・職場・地域などの生活の場における食物の本質を科学的に究明します。健康的で活動的な心身の発達と維持のために必要な要件を明らかにし、多様化する食生活に対応する理論および、その技能を修得することを目指します。広く自然科学の各領域を基礎とし、食品・栄養・調理の3部門を中心にカリキュラムが組まれています。生活芸術学科 被服学と住居学に関する基礎ならびに関連分野の広い知識の修得を目指します。被服関係では、衣生活をより合理的に行うために、衣服の材料・構成・衛生・整理・服飾文化などの諸科目から知識を修得します。住居関係では、より豊かに住むための住空間を理解するのに必要な諸科目を履修し、快適で健康的な人間生活の場としての住まいのあり方を究明します。スクーリング夏期スクーリング■ 8月?9月初旬の4週間を4期(月?土を1期)に分けて開講します。1期2科目(午前と午後)、最大で4期8科目まで受講することができます。土曜スクーリング■土曜日、年に4科目まで登録できます(6日間)。開講科目は20 科目程度です。集中スクーリング■土日や祝日を利用して実施する短期集中授業です。目白キャンパスおよび学外で開講します。夜間スクーリング■前期又は後期の月?金曜日の同一曜日に週1回100 分の授業を行います。通学科目スクーリング■通学課程の一部の授業を受講できます。受講条件があります。通年スクーリング■最終年次の1年間(4月から翌年3月まで)通学課程の学生と同様に通学し、授業を受けるものです。受講条件があります。学生の種類、取得できる教員免許・資格等学生の種類■正科生(1年次入学・2年次編入学・3年次編入学・3年次学士入学・科目等履修生(資格コース・教養コース))取得できる免許・資格■(学科により異なります)教員免許:幼稚園・小学校(1種)………………児童学科     保健(中学校1種、高校1種)………食物学科                    食物学科      家 庭( 中 学 校 1 種 、 高 校 1種 ) … …  生活芸術学科資  格:学校図書館司書教諭………………全学科受験資格: フードスペシャリスト……………食物学科    : 二級・木造建築士…………………生活芸術学科関連資格: 繊維製品品質管理士(TES)………生活芸術学科     ( 受験資格の一部免除など)試験会場■テキスト科目は、リポートの提出合格後、科目修了試験を受けて単位を修得します。試験は全国44か所の試験会場において、年間5回(5月、7 月、9月、11月、1月の定められた日曜日)実施しており、お住まいの近くの試験会場で受験できます。学習友の会■学生の自主的な運営による「学習友の会」が各試験場を中心に設けられ、学生同士の交流や大学教員を講師として招いての学習会開催などにより、勉学を援助する組織として活動しています。テキスト科目学習ガイダンス■夏期スクーリング期間中に専任教員による担当の授業科目や学科の授業科目についての相談を行います。奨学制度■成瀬仁蔵先生記念賞、日本女子大学学業成績優秀賞・研究奨励賞、日本女子大学家政学部通信教育奨学金、日本女子大学FN 賞等があり、成績優秀な学生に与えられます。学生数■家政学部? 1,788人(2016年10月1日現在、科目等履修生を含む)日本女子大学通信教育・生涯学習事務部〒112-8679 東京都文京区目白台2丁目8-1 TEL 03-5981-3200 http://www.jwu.ac.jp/ccde/交通機関  JR山手線目白駅下車徒歩約15分または     都営バス乗車約5分、日本女子大前下車     東京メトロ有楽町線護国寺駅下車徒歩約10分      東京メトロ副都心線雑司が谷駅下車徒歩約8分“