ブックタイトル2017大学通信教育ガイド_大学・短大編

ページ
29/88

このページは 2017大学通信教育ガイド_大学・短大編 の電子ブックに掲載されている29ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2017大学通信教育ガイド_大学・短大編

27国的に受入れ期日・体験実施地域の個人毎の希望の考慮は難しい状況です。体験実施の前には、事前学習の必要性が求められています。体験の実施にあたっては、大学毎に体験実施のための費用が設定されています。指導方法も異なりますので、入学を希望する大学に詳細を確認して準備をして下さい。3 大学通信教育で取得できる主な諸資格▲保育士の資格:保育士資格は、保育士資格取得の課程で所定の条件を整えれば得られます。▲学校図書館司書教諭の資格:小・中・高・特別支援学校(盲・聾・養護学校)の教諭普通免許状のいずれかを所有し、所定の科目・単位を修得すれば得られます。▲図書館司書の資格:大学・短大卒業までに必要な科目・単位を合わせて修得すれば得られます。▲社会教育主事の資格:大学に2年以上在学して62単位以上を修得し、しかも文部科学省令で定める社会  教育に関する科目の単位を修得したもので、1年以上社会教育主事補の職にあったものに与えられます。▲博物館学芸員の資格:大学卒業で、所定の科目・単位を合わせて修得すれば得られます。▲測量士補の資格:大学卒業(地理学科)で、所定の科目・単位を修得すれば得られます。さらに1年の実習を経て測量士の資格が得られます。▲社会福祉主事:大学在学中に所定の科目を修めたものに任用資格が与えられます。▲児童指導員:所定の学部学科を卒業し、教員免許状取得者に任用資格が与えられます。▲情報処理士:所定の学科を卒業し、指定教科目を修得すれば「情報処理士称号認定証」が交付されます。▲訪問介護員(ホームヘルパー):所定の学科を卒業し、指定教科目を修得すれば得られます。次に、職業上の資格に関わる各種国家試験の受験資格について述べましょう。● 税理士試験の受験資格:大学3年次以上で、法律学又は経済学を1科目以上含む62単位以上を取得するか、大学・短大を法律学又は経済学に関する科目を1科目以上履修し卒業すれば得られます。● 社会福祉士受験資格:一部の大学では、社会福祉士受験資格に必要な科目を修めて卒業すれば取得できます。● 精神保健福祉士受験資格:一部の大学では精神保健福祉士受験資格に必要な科目を修めて卒業すれば取得できます。●建 築士受験資格(1級・2級): 一部の大学で所定の科目を修めて卒業すれば取得できます。ただし、1級は卒業後2年の実務経験が必要。 以上は、学習によって免許が直ちに取得できるもの、また資格試験の受験に結びつくもの、あるいは任用資格が得られるもの等です。 このような、直接資格取得に結びつく学習に通信教育を利用するほかに、資格試験の受験準備のために「正規の課程」または「科目別履修」を利用することも得策です。 ここに掲げた資格以外でも、幅広く職業上の資格取得のための学習に通信教育を活用することができます。