ブックタイトル2017大学通信教育ガイド_大学・短大編

ページ
24/88

このページは 2017大学通信教育ガイド_大学・短大編 の電子ブックに掲載されている24ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2017大学通信教育ガイド_大学・短大編

224 卒業について① 卒業要件   大学の場合は、4 年以上在学し124単位以上を修得しなければなりません。短期大学の場合は、2年(または3年)以上在学し62単位以上を修得する必要があります。また、大学の場合は124単位のうち30単位以上(大学によって異なる)、短期大学の場合は62単位のうち15単位以上(短期大学によって異なる)を面接授業によって修得しなければなりません。  ただし、途中年次への編(再・転)入学者は、在学年数が短縮され修得単位が軽減されます。② 卒業試験   卒業直前に、多くの大学・短期大学は卒業試験を実施します。卒業論文と総合面接試問とに分かれ、これに合格しなければなりません。   通信教育では社会人が多いため、卒業論文のテーマには、職業や居住地等との関連を色濃くもつものが目立ちます。そのため通学課程の学生の卒業論文とは違った特徴があり、魅力的な研究成果が数多く見られます。③ 卒業  卒業試験に合格し、教授会での選考を経て卒業が決まります。   卒業すれば通学課程の卒業生と全く同じ資格、大学では学士、 短期大学では短期大学士の学位が授与されます。また、その大 学・短期大学の同窓会のメンバーにもなります。   卒業時期は、毎年3月と9月の2回になっています。ただ、卒 業式は前年9月の卒業者を含めて毎年3月のみに行う大学・短期 大学が多いようです。5 学生の特典大学通信教育の学生の特典には次のようなものがあります。① 奨学金   日本学生支援機構による奨学金や各大学・短期大学独自の奨学金制度の給付・貸与対象資格が得られます。② 割引・控除 1郵便料金の特別扱い  リポート等を提出する場合の郵便料金に第4種(通信教育)が適用されます。 2鉄道運賃の割引   試験やスクーリングに出席する場合、学生生徒旅客運賃割引証(学割)が発行されます。また、スクーリング期間中は通学定期券を購入するための通学証明書も発行されます。 3所得税の勤労学生控除   勤労学生として所得額に対する控除が受けられます。ただし、控除に関しては所得に制限があります。③ スクーリング出席のための取扱い   公務員には、スクーリング出席のための休暇を認めるところが多く、学校の教職員も出席に便宜がはかられることが多いようです。企業でもスクーリング出席に理解を示しているところもあります。各大学・短期大学では、スクーリング勧奨状の発行も行っています。