ブックタイトル2016大学通信教育ガイド大学院編

ページ
62/74

このページは 2016大学通信教育ガイド大学院編 の電子ブックに掲載されている62ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2016大学通信教育ガイド大学院編

61研究科・専攻の紹介環境情報学研究科環境情報学専攻■ いま社会は、激しく変化しています。情報技術革新の急速な進歩がもたらした、社会の高度情報化と経済のグローバル化。それは、産業構造や職業・技能の分野のみならず、日常社会のあらゆる分野に影響を及ぼしています。 教育の世界も、このような変化に対応することが求められています。とりわけ、すでに社会人として活躍の方々が、新たな知識を身につけ知的レベルアップの機会が得られるよう、社会に開かれた大学院にその役割が期待されています。しかしながら、仕事を持っている人が大学院に通うことは、容易なことではありません。それを可能にする道として、通信制大学院があります。 本学環境情報学研究科は、変革と発展をつづける現代社会において発生する多様な環境問題や急速に進展する情報の分野において高い意欲と高度の専門知識をもち社会に貢献しようとする人、情熱と地道な探究心をもって研究をやり抜く意思のある人を求めています。 通信制大学院では、研究科の中に、環境情報コースと医療情報コースを設置しています。「環境情報コース」は、急速な技術革新に対応できる実践的総合力をもった情報エンジニアの育成を目指します。 「医療情報コース」は、理学療法、作業療法、言語聴覚、臨床心理、はり灸、柔道整復、救急救命など、幅広い医療関連分野で実践を通じて高度の研究をする人材の育成を目指します。スクーリング 原則として1年次の夏期(7月下旬~8月下旬)又は春期(2月上旬~3月上旬)の5日間、本学のキャンパス(中野、池袋、千葉のいずれか)で開講します。 学生はこの期間に担当教員と直接面談し、実習課題について指導を受けます。学生の種類、取得できる教員免許・資格等学生の種類■ 正科生のみ取得できる学位■ 修士(情報学)帝京平成大学大学院本学は、昭和62年(1987年)に帝京技術科学大学として発足し、情報化社会を見越し自然科学系と社会科学系を情報学というひとつの体系におさめました。平成7年に帝京平成大学と名を改め、現在は5学部19学科を擁する総合大学としての体制を整えております。大学院の歴史は、平成4年に設置された情報学研究科修士課程にはじまり、平成6年には博士課程後期課程を設け、さらに平成12年には大学院情報学研究科に併設して通信制大学院を開設いたしました。そして平成25年には、情報学研究科から環境情報学研究科に名称変更いたしました。帝京平成大学通信教育部〈中野キャンパス〉〒164-8530 東京都中野区中野4-21-2 TEL 03-5860-4728 URL http://tsushin.thu.ac.jp/● JR中央線、JR総武線、東京メトロ東西線 「中野駅」北口から徒歩9分