ブックタイトル2016大学通信教育ガイド大学院編

ページ
58/74

このページは 2016大学通信教育ガイド大学院編 の電子ブックに掲載されている58ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2016大学通信教育ガイド大学院編

57研究科・専攻の紹介経済学研究科■ 日々の業務に追われる社会人にとって、本研究科(通信教育課程)のe-mailをフルに活用した通信教育なら、仕事を中断することなくキャリア・アップが可能。また、通信制ならではのリーズナブルな学費で済む。さらに、授業料の20%を給付する本学独自の「大学院生支援奨学金制度」により、社会人の方々の学修を応援する環境を整えている。修了要件は、2年以上の在学、30単位の修得、および特定課題研究報告書、または修士論文の提出・その口述試問に合格すること。 経済学研究科では、経済政策、財政・金融、国際経済の3つの分野の、“今と未来の日本経済”にアプローチできる18の研究分野を用意。研究テーマについての指導は、スクーリングによる対面授業を含め、各専門分野を担当する教員1名に対して院生は原則1名に限定。マンツーマンの指導が受けられ、院生のレベルや問題意識に応じて、計画的に研究できる。また、長期履修制度(3年。2年間の学費を3年に分割)も選択でき、計画的にゆっくり学ぶことも可能。在宅での授業では、教員が主にe-mailを利用して効率よく授業(研究指導と講義)を行う。また、大学卒業後、経済関係の業務から遠ざかっていた人や、経済学部以外の出身者にも無理なく学修と研究が進められるように、経済学の基本となる「ミクロ経済学」と「マクロ経済学」の基礎的な科目を設けるなど、導入教育も充実。スクーリング 8月?9月中旬と1月?2月中旬にそれぞれ2日間実施。具体的な日程は、個別に相談の上、決定。本学の施設にて研究指導教員が担当。学生の種類、取得できる教員免許・資格等学生の種類■正科生のみ学位■修士(経済学)取得できる教員免許■すでに中学校教諭1種免許(社会)や高等学校教諭1種免許(公民)の教員免許を持っている人には、この通信教育課程で修得する科目によっては、上級免許であるそれぞれの「専修免許状」の取得も可能。募集研究科について■ 経済学研究科(通信教育課程)定員について■ 10名授業料について■入学金    13万5000円(京都産業大学卒業生は6万7000円)授業料    25万5000円教育充実費  6万6000円合計     45万6000円(京都産業大学卒業生は38万8000円)※ 初年度納入金京都産業大学大学院学問の都・京都に、全国初の通信教育で修士(経済学)の学位が修得できる『大学院経済学研究科(通信教育課程)』を2007年4月に開設。対象は、“社会人”に限定(大学卒業後実社会で2年以上の実務経験を積んだ、ビジネスパーソンをはじめ、官公庁や教育・研究機関に勤める人など)。社会の現場で関心を抱いた経済政策領域を研究することで、理論と実証の両面から現代経済社会の諸問題を分析できる人材を育成する。京都産業大学大学院経済学研究科(通信教育課程)〒603-8555 京都府京都市北区上賀茂本山 TEL 075-705-1452 http://www.kyoto-su.ac.jp/graduate/tsushin/t_ec/ 交通機関 地下鉄「国際会館」駅より京都バス約9 分