ブックタイトル2018大学通信教育ガイド_大学院編

ページ
55/74

このページは 2018大学通信教育ガイド_大学院編 の電子ブックに掲載されている55ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

2018大学通信教育ガイド_大学院編

54研究科・専攻の紹介福祉社会開発研究科■国際社会開発専攻博士課程 本専攻では、学生の研究テーマの目的に応じて、開発計画、ミクロ開発の研究領域を設定しています。教育スタッフには社会開発分野の現場出身の研究者を擁し、海外の有力拠点大学や各地のリソースパーソンとも連携するネットワーク型の指導体制により、「社会開発・開発教育の専門家を育成できる高度研究者・指導的専門家の育成」を目指します。国際社会開発研究科■国際社会開発専攻修士課程 国内外で開発協力や開発教育に携わる方々を対象にした、国際開発分野ではわが国初の通信制大学院です。 開発学の包括的枠組と理論についての教育・研究指導をはじめ、海外拠点の開発現場でのフィールドワークと対面授業による地域開発研究(海外スクーリング)など、理論と実践を有機的に結ぶ教育・研究指導を通し、開発領域で世界に通用する専門家を養成する開発プロフェッショナルスクールです。通常の授業は、独自に開発したインターネット教育システムにより双方向的に進められる他、対面ゼミ指導や集中講義を適宜行います。長期履修制度があります(2017 年度より)。社会福祉学研究科■社会福祉学専攻修士課程 社会福祉学専攻(通信教育)では、保健・医療・福祉・教育等の幅広い領域における現代の諸課題に対応するため、日本福祉大学がこれまで培ってきた社会福祉学研究を基礎としながら、問題解決型・実用型の援助技術と政策・制度の開発をめざした教育と研究を行い、高度な専門的知識の教授と研究指導を通じて、複雑化する現代社会の環境変化に対応できる鋭敏な視点を養います。問題解決志向の研究能力および実践力を備え、実践現場における指導的・中核的役割を担うことのできる優れた高度専門職業人を養成します。 通常の授業は、これまでの通信教育とは異なり、インターネット上に用意した「講義室」(掲示板)で教員・院生間でリアルタイムに近い形で討論・意見交換を行いながら、双方向型の学習・研究を進めます。 専攻の特徴としては、①伝統ある指導体制と充実したプログラム、② IT システムを活用した効果的な研究・学習、③質の高い修士論文執筆に向けた、きめ細やかな指導体制、④社会人にとって学びやすいスクーリング、⑤修了後も学び続けられるネットワーク、が挙げられます。スクーリング国際社会開発研究科■国際社会開発専攻修士課程 スクーリングとして「地域開発研究科目」を位置づけ、世界4カ国(日本、フィリピン、インド、アフリカ)のそれぞれの開発現場において、歴史・文化・経済構造の異なる社会での実態把握能力、国際社会で必要な発表力と説得力の強化など、開発における総合能力を形成するため、フィールドワークと、現地教員による講義・ディスカッションを組み合わせた授業を5日間にわたって実施します。実施時期は8 月、11月を予定。この様子はFacebook でもご覧いただけます。社会福祉学研究科■社会福祉学専攻修士課程 スクーリングによる対面授業・指導、修論報告会は4月、7月、9月、12月(各2日間)、2月、3 月に、週末を利用して行われます。1年次のスクーリングでは大学院における社会福祉研究方法について集中的に学習するほか、領域別演習科目の対面授業、修論指導、論文構想報告会を実施します。 2年次のスクーリング(1年次と同じ期日)では個別の修論指導に加え、より質の高い論文の完成を期すため、修論報告会等を開催し、プレゼンテーション能力を高めるとともに、研究の到達点や課題を確認します。学生の種類、取得できる教員免許・資格等福祉社会開発研究科■国際社会開発専攻博士課程入学試験(2017年度)■ 出 願 期 間:2018年1月5日(金)?1月22日(月) 合格発表日:2018年2月9日(金) 入学審査方法:書類選考 入学検定料:無料学費■入学金10万円、授業料61万円取得できる学位■博士(開発学)国際社会開発研究科■国際社会開発専攻修士課程入学試験(2017年度)■ 出 願 期 間:第1 期:2017年10月10日(火)?10月23日(月)       第2 期:2018年1月5日(金)?1月22日(月) 合格発表日:第1 期:2017年11月11日(土)       第2 期:2018年2月9日(金) 入学審査方法:書類選考 入学検定料:無料学費■入学金10万円、授業料61万円取得できる学位■修士(開発学)社会福祉学研究科■社会福祉学専攻修士課程入学試験(2017年度)■ 出願期間:2018年1月5日(金)?1月22日(月) 合格発表日:2018年2月10日(土) 入学審査方法:書類選考 入学検定料:10,000円学費■入学金10万円、授業料61万円取得できる学位■修士(社会福祉学)日本福祉大学大学院日本福祉大学は、1969年、わが国で初めて「社会福祉学」の名称を持つ大学院社会福祉学研究科「社会福祉学専攻」を開設、以来、理論と実践を重視した、人間を中心に据えた人間福祉総合系の大学院教育をめざし、さまざまな領域の研究科・専攻(修士・博士課程)、夜間制専攻等を設置。更に、社会福祉領域、国際社会開発領域では、通学制に加え通信制課程を設け、現場経験をもつ現職社会人を対象とする高度専門職業人養成にも力を注いでいます。日本福祉大学大学院〒460-0012 愛知県名古屋市中区千代田5-22-35 TEL: 052-242-3050 FAX: 052-242-3072 URL:http://www.n-fukushi.ac.jp/daigakuin.htm交通機関 JR 中央線または地下鉄鶴舞線の鶴舞駅から徒歩約2分